中野大和町 リノベーション賃貸物件のご紹介(1)

Shabby Chic Modern 01中野大和町
東京都中野区/1R/3階/西部新宿線「野方」駅徒歩8分
専有面積:18.81㎡ 賃料67,500円 管理費5,000円

玄関扉を開けると遮るものが一切ないので圧迫感がなく、真っ白に統一された明るい空間が広がります。

玄関右手にはシューズボックスを配置し、広くとった玄関には傘立てやレインブーツを置いても余るほどの十分なスペースを確保しています。リノベーション前は玄関スペースが約半分の広さしかなかったので、玄関を拡張し、石畳調のフロアタイルに変更したことによって奥行とフロアタイルが映える、魅力的な空間に生まれ変わりました。

3段のコンパクトなシューズボックスはおさまりがよく、玄関をスッキリみせてくれます。洗濯機置き場はオープンスペースながら玄関からは死角となって見えないようにような位置に配置しました。キッチンの向かい側にある事、また浴室の浴室乾燥機とトライアングルの家事導線をひいたことで、忙しい学生さんやビジネスマンも家事を同時進行できるのもうれしいポイントです。

 

ワンルームにありがちな小さすぎて使いずらいキッチンを排除し、大きい扉付きの収納はお部屋にマッチしたアッシュ系木目調のデザインに。キッチンも1つのインテリアとして空間に溶け込む事を意識しました。

キッチンはコンパクトながら幅が1200(まな板を縦に置けて調理できるスペースありますよ)、奥行600の「収納性」と「調理性」を重視した、2口ガスコンロキッチンとなっています。レンジフードに黒色を使用する事でアクセントになっているのも特徴の1つです。

浴室・トイレには浴室乾燥機、サーモ水栓、スライドバー、アクセントパネル、ワイドミラー、シャワーヘッド、ウォシュレットと、充実した設備内容となっています。またバス・トイレが一カ所にまとまったコンパクトな3点ユニットはお掃除が一気にできるという利点が。

3点ユニットは近年、嫌遠されがちな印象ですがホテルのような空間づくりを心掛ける事でおしゃれな空間にしました。

7.5畳の洋室は玄関から続く白を基調とした空間に。玄関からはじまる石畳調のフロアタイル、木目調のフローリングやキッチン、織物調の壁紙と様々な素材感を使い分ける事で、白の様々な表情を楽しむ事ができます。室内のテイストはモダンをベースとしながら、トレンドであるシャビーシックな要素を融合させる事による「シャビーシックモダン」という多くの方が受け入れやすく・家具もあわせやすいデザインとなっています。シャビーシックというと女性の部屋のイメージが強いですが、当社の中高年の男性社員も住みたい(笑)と思わせる空間となっています。

白×ウッドの組み合わせはグリーンとの相性が抜群なので、お気に入りの観葉植物やドライフラワーなどを飾るのもステキです。

洋室には備え付けのダウンライトが4か所。中心にはライトソケットがあるので、お好みのライトを組み合わせて明るさ調整が可能です。ベランダにはお向かいさんの木々がほどよく光を遮り、朝は美しい木洩れ日の中目覚める事ができます。

洋室一番のポイントは片面に貼られたシャーベットカラーのウッド調のアクセントクロス。2020年のアパレル業界でのトレンドを住宅空間にも盛り込んでみました。主張しすぎないのでどんな家具にも合わせやすくクローゼット扉は指色としてダークカラーにし、お部屋全体を引き締める効果を加えました。

この部屋の一番のこだわりは玄関周り。暗くなりがちな玄関も石畳調の白いフロアタイルにし、ブラケットライトで光を足すことで明るくクリーンな場所へと仕上がりました。

シャビ―シックな雰囲気で統一されたシューズボックス廻り。多くの方に好評いただいている輸入壁紙ですが今回もワルパさんのお店で直接選ばせていただきました。Vavex(バベックス)というチェコ発のブランドをアクセントに使ってます。同ブランドの人気のモチーフであるワイン箱がデザインされています。塗り壁調をベースに、シルバーグリッターのオーナメントがプリントされていて、シャビーかつラグジュアリーな仕上がりになっています。

コンパクトながらも靴を18足も収納することが可能なシューズボックス。靴だけでなく折り畳み傘などの小物を収納しておくにもちょうどいいサイズ感です。照明もアンティーク風のウォールライトを選ばせていただきました。布セードが女性らしい印象ですが、外せばキャンドルタイプのブラケットライトにもなるので2WAYで楽しめる事ができ、男性にも抵抗感がない空間づくりを意識しました。

お洒落好きにはうれしいウォークインクローゼット。右側には奥まで伸びたL字パイプハンガーが備え付けられ、ロングコートでも裾を引きずることなく収納できます。室内と同じく白のクロスがはられていると思いきや、クローゼットの中にもサンゲツさんの淡いベージュのアクセントクロスがはられています。アパレルショップの試着室をイメージしたこの空間は収納以上の魅力を備えた映えポイントです。

照明もついているのでどんなに洋服を詰め込んでしまっても、「暗くてよく見えない…」なんていう心配もなく、ボックス収納などを駆使すればより収納の幅も広がります。最近ではサマリーポケットさんのような荷物預かりサービスを利用する人が増えている事から、春夏と秋冬で洋服や小物を入れ替える事を考えると、このウォークインクローゼットで2シーズンの荷物はすべて納める事ができ、室内を広く使う事ができます。

Planner/Yukiko Akiyama

今回のお部屋のテーマは”シャビーシック”。白を基調とし、所々にシャーベットカラーとアンティーク調のアクセントを散りばめました。淡い色だとぼんやりしがちですが、ダークブラウンを織り交ぜることで引き締まった印象もプラスされ、より大人な雰囲気に仕上がっています。ワンルームには珍しいウォークインクローゼットは収納力抜群なので、生活感を排除したお部屋づくりをしたい方やお洒落好きな方にもおすすめです。また2口ガスコンロやウォシュレットなど居住者がより暮らしやすいようにと考えられた仕様に。最寄り駅からマンションまでは大きな商店街、マンション周辺は閑静な住宅街が広がっていますので暮らしやすさはもちろん、オートロックや防犯カメラ、TVモニター付きインターホンなどのセキュリティもしっかりとしているので安心して一人暮らしを満喫することができます。

物件名 Shabby  Sic Modern 01 中野大和町
現況 空室
賃料・管理費 67,500円・5,000円
敷金・礼金 1ヶ月・1ヶ月
専有面積・バルコニー面積 18.81㎡・2.79㎡
交通 西武新宿線「野方駅」徒歩8分、JR中央線「高円寺駅」徒歩15分
構造・規模 鉄筋コンクリート造地上5階建3階部分
建物竣工年・室内リノベーション施工実施 1991年7月・2020年10月工事完了
設備 エレベーター、エアコン、給湯器、室内洗濯機置場、浴室乾燥機、ウォシュレット、、2口ガスコンロ、ウォークインクローゼット、オートロック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP