グランシティ天王洲アイル~ロケーションの魅力③

品川は東京における交通の要衝として、山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線東海道新幹線、京急本線と鉄道のアクセスが抜群です。

2027 年開業予定のリニア新幹線(東京ー名古屋)の東京における発着駅、品川。関西方面の出張・旅行はますます便利になります。

田町と品川の間の広大な品川車両基地跡は手線内に残された唯一の大規模開発用地。国内外とわず多くの企業が品川に集まってくるかもしれませんね。

東京モノレール天王洲アイル駅から20 分で羽田空港へ。飛行機で国内・海外出張の多いビジネスマンの方には朝ゆっくりと自宅を出て、夜は早く帰宅できます。2拠点生活者の方にもおすすめのエリアです。

部屋のバルコニーから新幹線専用車庫行きの線路を走る新幹線が見えます。見ると幸せになるドクターイエローを目撃する事も。

鉄道・リニア・飛行機と国内外へのアクセス環境が良好な品川は、今後の日本と世界の玄関口として大きく発展する事が期待されます。

品川駅の港南口近辺はアジアヘッドクォーター特区(アジア地域における企業拠点の東京への集積を目指し、東京都が特区(構造改革特別区域)を設けて推進する、外国企業誘致プロジェクト)に該当しており、 SONY 、三菱重工、マイクロソフト等、多くのグローバル企業の本社があります。海外の方には会社にも通勤しやすく、羽田空港も近いので人気があります。

天王洲アイル周辺の魅力の1 つとして、運河沿いに自動車の入ってこない広々とした歩道があります。天王洲ボードウォークを歩いていると、欧米系の外国人のかたをよく見かけます。

運河に加えてグランシティ天王洲アイル周辺の港南エリアは道幅も広く、ゆっくりランニングや犬の散歩などをするにはいい環境です。

東京湾の周遊が楽しめる”海の上の貴婦人 レディクリスタル”。

天王洲といえばボードウォーク。夜もライトアップがきれいです。天王洲エリアのランドマーク、醸造所を併設した
ブルワリーレストラン T.Y.HARVER で散歩かでらお食事でも。運河のある暮らしって素敵ですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP